トポロジー

トポロジー

Posted on 2016年9月7日水曜日11:52 by

リレーは管理上の目的で必要です。たとえばファイアーウォールのProxyとして、会社の1部門を認証単位として、あるいは会社全体の認証単位として使用されます。またフィルターとして機能させることもあります。


たとえば1台のリレーが全Webサーバーログを集めレポート作成用のヒット情報を集計し、エラーに関する情報のみをWebmasterにフォワーディングします。もっと緊急なメッセージはたとえばポケットベルや、緊急メールとしてフォワーディングします。デバイスの出力をコレクターの入力として再編集することも行われます。


構成例


以下の例ではデバイスやコレクターがそれぞれ複数の場合があります。

構成例1:もっとも単純な構成です。

構成例2:リレーは受信ログを他のコレクターに中継します。

構成例3:デバイスが複数リレーにログを送信します。

構成例4:デバイスが複数リレーにログを送信します。

構成例5:例1と例2の混合タイプです。

構成例6:複数リレーを中継します。



https://www.jtc-i.co.jp/contact/scontact.php