WinSyslog が更に使いやすく!日本国内ユーザー向けver.14.1リリース!

, , , , , , , ,

WinSyslog が更に使いやすく!日本国内ユーザー向けver.14.1リリース!

Posted on 2017年5月15日月曜日17:30 by


WinSyslog ver.14.1がリリースされました。
本バージョンより、インストーラに日本国内ユーザー向けのデフォルト設定が組み込まれて
います。
これにより、インストール直後から、Syslogビューアでのリアルタイムログ表示と、
ファイルログ保存(日付分割)ができます。




その他の主な変更箇所は以下のとおりです。

1.      設定変更保存後のサービス再起動不要
  設定変更後、「保存」ボタンのクリックのみで変更が反映されるようになりました。
  このオプションは、一般>全体 ページで無効にできます。 (デフォルト:有効)


2.      一般>全体:デフォルト設定変更
⧫ キューのリミット(メモリ内に保存するメッセージキュー件数)2万→50
⧫ 基準時刻:UTCタイム→ローカルタイム
⧫ 「シャットダウン時にサービスを保護する」オプション有効
⧫ 「アプリケーションログに警告を書き込む」オプション有効




3. SNMP レシーバー: メッセージプロパティの新しい圧縮出力形式が追加されました。
メッセージ中の“ ”(ダブルクオテーション)の削除と連続した空白の圧縮が有効になります。




4. SNMP送信アクション:SNMPv1AgentIPフィールドに新しい変数を追加しました。
    デフォルトでは、プロパティは%source%に設定されます。
トラップデータに含まれるagent IPのプロパティは、%snmp_agentip% に保存されます
ので、受信したSNMPv1トラップを転送する場合は、%snmp_agentip%を入力します。


5. Actionイベントログ
 カスタムイベントログタイプをプルダウンリストから選択できるようになりました。

WinSyslog製品ページはこちら:
WinSyslogBackup4all含む)は30日間、フル機能がご試用いただけます。
評価版のダウンロードはこちら: