2018年6月8日金曜日

オススメ! 日本語GUIで使い易い WindowsでSyslogサーバーを構築する

スイッチ、ルーターなどのネットワーク機器のログ収集や Windows イベントログの管理、中継サーバーとして利用するなど、Syslog サーバーが構築されるシーンは様々です。
そして、Syslog サーバーに求められる要件はその環境により異なります。


例えば、こんな Syslog サーバーをお探しの方はいらっしゃいませんか?

 - Windows で稼働する
 - インターフェースが日本語で操作し易い
 - 日本語メッセージの処理に強く、文字コードの変換も可能
 - ログファイル、データベース、Windows イベントログへの出力が可能
 - フィルターが豊富でログの絞り込みが容易
 - メール通知、Syslog 転送、SNMP トラップの送受信が可能


そんな方には、弊社取り扱いの『WinSyslog』がおすすめです。

WinSyslog は、ドイツ Adiscon 社により開発されたWindows で稼働する Syslog サーバーです。1996年に最初のバージョンがリリースされてから、高い信頼性と処理能力、豊富な機能を持つ製品として多くのユーザーに愛用されています。

以下の簡単なステップで直ぐに Syslog メッセージを受信できます:

1. zip(セットアップファイル)を任意の場所に展開
2. wnsyslogjp.exe を実行
3. ウィザードに従いインストール
4. WinSyslog Configuration(設定クライアント)を起動
(⇒ File メニュー内、Options> Choose your language にて Japanese を選択すると、UIの言語が日本語に切り替わります)
5. WinSyslog サービスを(再)起動

これでログ受信の準備が整いました。

デフォルトの設定により、「UDP 514番ポートの Syslog を受信し、テキストファイルへの出力や Interactive Syslog Viewer(ログ閲覧ツール)* での表示・確認」が可能です。

* Interactive Syslog Viewer に WinSyslog から転送されるログを表示させるには、Interactive Syslog Viewer の起動後、ライブ Syslog ビュー の [Start(開始)] を実行する必要があります
(⇒ File メニュー内、Options> Select UI language にて Japanese を選択すると、UIの言語が日本語に切り替わります)

WinSyslogは、インストール後30日間は評価版として全ての機能をお使いいただけるようになっております。お気軽にご評価くださいませ !


WinSyslog にはフィルタ機能があり、重要なログだけ別の処理をさせるように設定することや、不要なログを対象外に設定することも可能です。
また、メール通知や SNMPトラップの送受信など、Syslog 転送やテキスト出力以外にもたくさんの機能が実装されております。

>> 主な機能につきましては、こちら をご参照ください。
>> マニュアルや基本設定解説などは こちら をご参照ください。


!Interop Tokyo 出展!
6/13~15 幕張メッセで開催されます Interop Tokyo にて WinSyslog をご紹介いたします。デモもご覧いただけますので、ぜひこの機会にご体感ください。
>> 展示会情報は こちら をご参照ください。


お問合せ
WinSyslog についてのお問合せは以下から承っております。
ご不明な点やお気づきの点がございましたらお問合せください。